総動員の時代 -私たちはこうして戦争に呑みこまれた

0828.jpg「総動員の時代 -私たちはこうして戦争に呑みこまれた」
◆岡山・十五年戦争資料センター/編 ◆吉備人出版 05.7.20第1版 ◆定価¥2,000(本体¥1,905) ◆送料¥                   注文

コメント: 

 本書は,岡山・十五年戦争資料センターの会員が長年わたり調査し蓄積してきた資料のうち,「総動員」に関する論考を集め再編集したものである。(「まえがき」から)
目次:Ⅰ 国内での動員

 1 沖縄と倉敷をつなぐ女性たち (山内宏之)

 2 少女たちの兵器工場 (吉永隆光)

 3 美作地区における学徒勤労動員 (見土路 清)

 4 「川上町史」にみる十五年戦争 (山内宏之)

 5 「軍都」水島 (土屋篤典)

Ⅱ 海外への動員

 1 満蒙開拓青少年義勇軍 -悲劇の青春 (山内宏之,青木康嘉)

 2 満蒙開拓団 -悲劇の大地 (青木康嘉) 

 3 徴兵,中国・フィリピン戦線 (上羽 修)

Ⅲ 海外からの動員

 1 朝鮮人の強制動員 (青木康嘉,田口雄司,難波達興)

 2 中国人の強制動員 (上羽 修)

Ⅳ 精神の動員

 1 岡山県吉備修練道場の成立から終焉

 2 神社境内に残る戦争遺跡 (立石憲利)

 3 兵隊からの便り706通 (立石憲利)

 4 弾圧の嵐のなかの群像 (中庭克之)

Ⅴ 物資の動員 

 1 軍事物資の疎開 (吉久正見)

 2 津山市の「風船爆弾」製造工場 (見土路 清)

 3 松根油 -松の根からガソリン (立石憲利)

 4 民話の中の「動員」 (立石憲利)

  

コメント募集中

Current day month ye@r *

サイト内検索 by Google