向井俊彦の探求1 唯物論とヘーゲル研究 (増補版)

  • 810.jpg向井俊彦の探求1 唯物論とヘーゲル研究 (増補版)」
  • 文理閣  08.7.31初版
  • 定価\3,675(本体\3,500) 送料\
  • コメント :2006年、62歳で亡くなった哲学者・向井俊彦氏の著作集。全3巻の1巻目にあたる。本書は、著者が35歳のときに発表した著書『唯物論とヘーゲル研究』(文理閣 1979年)を第一部とし、その関連論文を第二部に収録。 
  • 目次:第1部「唯物論とヘーゲル研究」(1979年9月)
  •    Ⅰ・哲学史研究の方法と課題
  •     ・ヒューム因果論の批判的検討
  •     ・ヘーゲルによる分析的方法と総合的方法の批判について
  •     ・分析的方法を基礎とする弁証法的方法とはどういうものか
  •    Ⅱ・哲学の根本問題と実践概念
  •     ・史的唯物論の基礎概念について
  •     ・歴史の必然性と主体
  •    Ⅲ・ヘーゲル疎外論,その現実的基礎と論理について
  •     ・ヘーゲル啓示宗教論の性格について
  •     ・あとがき
  •    第2部
  •     ・「実践的唯物論」が唯物論のマルクス主義的形態か(1980年9月)
  •     ・ヘーゲル論理学の特徴(1978年3月)
  •     ・概 念(1991年5月)  

コメント募集中

Current day month ye@r *

サイト内検索 by Google