どうする国有林

  • 43.jpg「どうする国有林」

  •  笠原義人,香田徹也,塩谷弘康 

  • (リベルタ出版 08.5.12第1刷)

  • 定価\1,680(本体\1,600) 送料\

  • コメント :「行政改革」の名のもと、解体・分割されようとしている国有林。国土を保全し、林産物を供給し、山間地の産業を振興し、住民の福祉の向上に寄与してきた国民の共有財産が危うい。日本の貴重な森林資源を次世代へ確実に手渡すために、私たちはいま何をなすべきか?

  • 目次 :第1章 国有林はいま(笠原 義人)
  •       1 国有林の成立とその存在意義
  •       2 戦後国有林の歩み
  •       3「改革」がもたらしたもの
  •     第2章 行革推進法と国有林(香田 徹也)
  •       1 行革推進法で浮上した「大改革」
  •       2 行革推進法制定以後の動き
  •       3 藪から棒の国有林「大改革」
  •       4 国有林「大改革」がめざすもの
  •       5「大改革」で国有林はどうなるか
  •     第3章 国有林再建の道(塩谷 弘康)
  •       1 国有林解体の要因
  •       2 国有林に求められるもの
  •       3 私たちの提言
  •     ―国有林を再建し真の国有林にするために―
  •       補論1 地球温暖化防止と国有林(石井 寛)
  •       補論2 世界の国有林改革(石井 寛)

コメント募集中

Current day month ye@r *

サイト内検索 by Google