マルクスのかじり方

『マルクスのかじり方』
◆石川 康宏/著 ◆190頁 ◆11.3.30 初版
◆新日本出版社 ◆定価¥1,260(本体¥1,200) ◆送料¥   注文 


コメント:

 『世界経済が行き詰まる中で注目されるマルクス理論』っていわれるけど難しそう…」。そんな人も大丈夫。マルクスの思想の面白さ、そのバイタリティあふれる人生をやさしい言葉で紹介。

 マルクスに親しみがわき、その著作に直接あたって読みたくなる入門書です。初めて『資本論』を読んだ学生との爆笑座談会も収録。
目次:

            はじめに

    Ⅰ  いまマルクスがおもしろい

             1  自信を持って生きるために

             2  若いマルクスのバイタリティー

             3  「ものの見方」について

             4  資本主義ってなんだろう

             5  よりましな社会へ

             6  共産主義ってどんな社会

             7  マルクスをどう読むのか

          ちょっとブレイク  わたしの学生時代の思い出から

 

    Ⅱ  もう少しマルクスを知る―その生き方、理論

             1  マルクス超入門

             2  生まれた時代と若い頃

             3  マルクスが積み上げた科学の特徴

             4  成長への努力をやめない

             5  マルクスの目で現代を見ると

             6  読むことで開発される能力がある

             ちょっとブレイク  学問の楽しさ感じて

  

     Ⅲ  少しかじってみよう

   

コメント募集中

Current day month ye@r *

サイト内検索 by Google