戦争を伝えることば -いらだつ若者を前にして

『戦争を伝えることば -いらだつ若者を前にして』
◆品川正治 清水眞砂子/著 ◆146頁 ◆10.8.15 第1刷
◆かもがわ出版 ◆定価¥1,575(本体¥1,500) ◆送料¥       注文   


コメント:

 本書は,2009年に行われた講演会の講演録を整理したもの。

 語りにくい体験を「孫娘」に伝えようと品川氏は言葉をさがし,展望の見えぬ「平和な」社会にいらだつ若者を前に清水氏は佇む。

 二人講演と対話には,どうしても届けたい言葉が溢れている。 
目次:

 Ⅰ 孫娘に語った戦争体験  (品川正治)

   戦時下の特異な高校生活/  死ぬまでに『実践理性批判』を読んでおきたかった/

   中国大陸の最前線で実戦を体験する/  戦争jをどう正確に伝えるか/  ほか

 Ⅱ 平和を生きのびる     (清水眞砂子)

   「平和を生きのびる」ことも難しい/  

   「戦争体験者がうらやましい」という学生たち/ 心身共に健康な状態で生きられることが前提/

 Ⅲ <対談>戦争は語り継げるか

   「人を殺す」ことの戦中と今/  戦争の時代を「狂気」で括れ/  今の若者たち/ ほか

 

コメント募集中

Current day month ye@r *

サイト内検索 by Google