イチャモン研究会 -学校と保護者のいい関係づくりへ

イチャモン研究会 -学校と保護者のいい関係づくりへ』
◆小野田 正利/著 ◆225頁 ◆09.9.30第1刷  09.11.10第2刷
◆ミネルヴァ書房 ◆定価¥1,470(本体¥1,400) ◆送料¥      注文  

コメント: 
 教育現場への保護者の過度な要求に、教職員はどう向き合えばいいでしょうか。

 保護者対応研究の第一人者が、教育関係者だけでなく、医師、カウンセラー、弁護士などの執筆陣と一緒に、学校と保護者が子どものために協同できる関係づくりのきっかけを提示します。

目次:

 序 章 イチャモン化する社会

 第Ⅰ部 現場で何が起きているのか?

     第1章 学校と保護者のすれ違い

     第2章 壊れていく教師の心

     第3章 医療現場の苦悩

     第4章 クレームやイチャモンを言う心理

 第Ⅱ部 一体どう対応すればいいのか?

     第5章 学校としての行動

     第6章 カウンセラー・スクールソーシャルワーカーとの協同

     第7章 弁護士からの提言

 終 章 学校と保護者に何が必要か? 

 

コメント募集中

Current day month ye@r *

サイト内検索 by Google