歌われたのは軍歌ではなく心の歌 -語り残す戦争体験

『歌われたのは軍歌ではなく心の歌 -語り残す戦争体験』
◆「新老人の会」/編 日野原重明/監修 ◆249頁 ◆10.6.15初版
◆新日本出版社 ◆定価¥1,470(本体¥1,400) ◆送料¥         注文    

   
コメント: 
 「新老人の会」は、聖路加国際病院理事長・日野原重明さんのよびかけで2000年9月に発足した75歳以上の人たちの会です。

 会員は皆、戦争と真正面から向き合って生きてきた世代。本書に収録された体験は、いずれも再び戦争の悲劇を繰り返さないことを願い綴られた、後世へ語り残す「遺書」であり、胸を打つ真実の記録です。

目次:

  Ⅰ ニューギニアの前線にとり残されて

  Ⅱ 学徒動員から出征へ

  Ⅲ 戦争の影を落とした青春

  Ⅳ 母の祈りは時空を超えて

 

コメント募集中

Current day month ye@r *

サイト内検索 by Google