フライドポテトと戦闘機 -オバマ時代のアメリカ事情

『フライドポテトと戦闘機 -オバマ時代のアメリカ事情』
◆円道まさみ/著 ◆221頁 ◆10.5.15 初版
◆新日本出版社 ◆定価¥1,575(本体¥1,500) ◆送料¥      注文        

コメント:
 ファストフードをほおばりながら戦争をする国、アメリカ。

 そこには死の臭いも逃げ惑う子どもの悲鳴もない。あるのはポテトの匂いだけ……。失業と無保険、薬物や精神疾患―壮絶なソーシャルワーク現場ではたらく在米日本人がつづる、おかしくも悲しいアメリカ社会と人々の素顔。新政権下、“変化”の兆しはどこに?

目次:

1 「オバマ神話」の誕生

  負の遺産/  人種差別の構造/  「新型人種差別」/  有色人種が成功するには/  

2 フライドポテトと戦闘機

  ノーベル平和賞と”1984”/  ”戦争大統領”/  オバマと核廃絶問題/

  戦争社会の日常/  軍隊リクルート/  ほか

3 大国の涙

  チャリティー社会/  ”自己責任で生きてください”/  貧困と病み/  福祉現場の最前線では/

4 アメリカ,変革の波

  二大政党と変革/  エイリアンと変革/  市民運動の裏事情/  格差社会と市民運動/

  変革の波/  変化の兆し/

5 アメリカを生きる

  多民族社会/  アメリカン・マインド/  オバマ時代のアメリカ事情

 

 

コメント募集中

Current day month ye@r *

サイト内検索 by Google