治安維持法とわたし 戦後編 -民医連とともに

治安維持法とわたし「治安維持法とわたし 戦後編 -民医連とともに」
◆桑原 英武/著 ◆199頁 ◆09.10.21 第1刷
◆日本機関紙出版センター ◆定価¥1,500(本体¥1,429) ◆送料¥      注文     

コメント:

 阪大病院に復職し,昼は学内,夜は地域で民主化運動にフル回転。さらには民主的医療運動に東奔西走。

 80年代からは,治安維持法国賠同盟大阪の指導者として奮闘。

目次:

 Ⅰ 民医連とともに

   1 関西医療民主化同盟の結成

   2 北大阪地区での党活動

   3 大学法案反対のたたかい

   4 生理休暇読本の発行

   5 民医連の結成

   6 不当監査阻止のたたかい 

   7 民医連の一大転換期

 Ⅱ 治安維持法国賠同盟と私

   1 同盟大阪創設のいきさつ

   2 支部準備会の発足

   3 同盟大阪支部の結成総会

   4 急速に発展した大阪支部

   5 代用監獄廃止の提唱

コメント募集中

Current day month ye@r *

サイト内検索 by Google