「『資本論』全三部を読む 第二冊

「資本論」を読む ②「『資本論』全三部を読む 第二冊
◆不破 哲三/著 ◆268頁 ◆03.7.5初版 09.3.10第5刷
◆新日本出版社 ◆定価¥1,470(本体¥1,400) ◆送料¥        注文
  

コメント:

 剰余価値の秘密の解明(「貨幣の資本への転化」)、労働日の理論と歴史の研究(「絶対的剰余価値の生産」)、協業から機械制大工業・前半まで(「相対的剰余価値の生産」)など、搾取の現場を明らかにする。補論には“共産主義社会と労働時間”など多彩。

 
目次:

「第一部 資本の生産過程」

第二篇 貨幣の資本への転化

 第4章 貨幣の資本への転化

     第1節 資本の一般的定式/  第2節 一般定式の諸矛盾/  第3節 労働力の購買と販売

第三篇 絶対的剰余価値の生産

 第5章 労働過程と価値増殖過程

     第1節 労働過程/  第2節 価値増殖過程

 第6章 不変資本と可変資本

 第7章 剰余価値率   

 第8章 労働日

     第1節 労働日の諸限界

     第2節 剰余価値にたいする渇望。工場主ボヤール

     第3節 搾取の法的制限のないイギリスの産業諸部門

     第4節 昼間労働と夜間労働。交替制

     第5節 標準労働日獲得のための闘争。14世紀中葉から17世紀末までの労働日延長のための強制法

     第6節 標準労働日獲得のための闘争。法律による労働時間の強制的制限。1833-1864年の

          イギリス工場立法

     第7節 標準労働日獲得のための闘争。イギリス工場立法が他国におよぼした反作用

 第9章 剰余価値の率と総量

    補論一 労働日の規制と国際労働者協会

    補論二 労働時間の短縮と未来社会

第四篇 相対的剰余価値の生産

 第10章 相対的剰余価値の概念

 第11章 協業

 第12章 分業とマニュファクチュア

     第1節 マニュファクチュアの二重の起源

     第2節 部分労働とその道具

     第3節 マニュファクチュアの二つの基本形態-異種的マニュファクチュアと有機的マニュファクチュア

     第4節 マニュファクチュア内部の分業と社会内部の分業

     第5節 マニュファクチュアの資本主義的性格

 第13章 機会と大工業

     第1節 機会の発展

     第2節 生産物への機械の価値移転

     第3節 労働者におよぼす機械経営の直接的影響 

     第4節 工場 

    

  

       

         

  

コメント募集中

Current day month ye@r *

サイト内検索 by Google