心をつなぐ左翼の言葉

心をつなぐ左翼の言葉「心をつなぐ左翼の言葉」
◆辻井 喬/著  聞き手:浅尾大輔 ◆237頁 ◆09.10.23 第1刷
◆かもがわ出版 ◆定価¥1,890(本体¥1,800) ◆送料¥           注文        
コメント:

 政権が交代しても保守支配は続く。左翼が多数派になる可能性は、もはやなくなったのか!? 人々の心に響く言葉を見いだすため、左翼には何が求められるのか!?
 共産党除名(東大学生時代)後も左翼シンパでありつづけた著者が、波乱に満ちた人生経験をふまえ、左翼の可能性を縦横に語った。聞き手は、連帯する左翼をめざす「ロスジェネ」編集長の浅尾大輔。

目次:

    ・ まえがき

    第1日目  護憲と連帯のための言葉

    第2日目  ポスト資本主義を語る言葉

    第3日目  プロレタリア文学の言葉

    ・ あとがき

    

コメント募集中

Current day month ye@r *

サイト内検索 by Google