激動の世界はどこに向かうか -日中理論会談の報告

激動の世界はどこに向かうか「激動の世界はどこに向かうか -日中理論会談の報告」
◆不破哲三/著 ◆270頁 ◆09.9.20 初版
◆新日本出版社 ◆定価¥1,680(本体¥1,600) ◆送料¥           注文


コメント:
 「マルクスの目」で世界経済危機をどう見るか、資本主義の今後はどうなるか、日本と世界の社会主義運動はどんな道筋をたどるか、中国など社会主義をめざす国ぐにの現在と前途はどうか。 不破哲三社会科学研究所所長が激動の世界の諸問題を縦横に論じる。

 〔補録〕に02年以来の中国との理論交流の主要文献も収録。

目次:

 Ⅰ マルクス主義の恐慌理論と世界経済危機

    経済危機の時代背景をどう見るか/ 世界経済危機の根源はなにか/ 経済危機への対応策の評価/

    今回の危機と経済循環の諸局面/ マルクスの恐慌理論は有効か/ 

 Ⅱ 世界資本主義への経済危機の影響

    資本主義の概念と現代資本主義/ レーニン『帝国主義論』の規定は,現代資本主義にも適用されるか/

    資本主義の基本矛盾とその現れ/ 新自由主義と経済危機/ 資本主義の生命力をどう見るか/

    現在の危機対策をどう評価するか/ 資本主義のさまざまな「発展モデル」の検討/

    世界の構造変化と国際経済秩序/

 Ⅲ 世界の社会主義への経済危機の影響

    経済危機がもたらすチャンスとチャレンジ/

   1 資本主義世界における社会主義運動

      社会主義運動の革命戦略について/ 経済危機と社会民主党/ 

      ラテンアメリカの「新しい社会主義」をどう見るか/

   2 社会主義をめざす国ぐにと世界経済危機

      世界経済危機に直面して/ 今後に予想されるリスクとチャレンジについて/

      資本主義と社会主義の連動関係について/ 社会主義の目標と道筋について/

      質問・なぜ「社会主義をめざす国」と呼ぶのか/

      最後に-中国との理論交流をふりかえって/

 補録: これまでの中国共産党との理論交流から

    1 レーニンと市場経済

    2 2005年12月の第1回の日中理論会談(東京)で

    3 第1回理論会談での不破発言から(2005年12月)

    4 2006年5月の第2回日中理論会談(北京)で

    5 マルクス主義と21世紀の世界    

     

 

  

  

 

コメント募集中

Current day month ye@r *

サイト内検索 by Google