空想から科学へ マルクス・フォア・ビギナー2

空想から科学へ「空想から科学へ マルクス・フォア・ビギナー2」
◆エンゲルス/著  村田陽一・寺沢恒信/訳

 浜林正夫/解説  ◆121頁 ◆09.7.21 第1刷 

◆大月書店 ◆定価¥1,260(本体¥1,200) ◆送料¥  注文
コメント:

マルクスが空想と夢の国を現実の基盤にすえるまで、社会主義は《ユートピア》にすぎなかった。社会主義が科学となるためには、何が必要であったのか。広い知識、豊かな経験、満々たる自信に裏うちされて、エンゲルスが若い世代に向けて資本主義から社会主義への道筋を解き明かす。マルクス主義の第一級の入門書。

 なお,浜林正夫氏によるわかりやすい解説が付されているほか,本文の下段に用語解説がある。

目次:

コメント募集中

Current day month ye@r *

サイト内検索 by Google