認知症に向き合う本 -治療・予防・介護のアドバイス

認知症に向き合う本「認知症に向き合う本 -治療・予防・介護のアドバイス」
◆宮澤由美/著 ◆174頁 ◆09.4.20 初版
◆新日本出版社 ◆定価¥1,575(本体¥1,500) ◆送料¥     注文


コメント:

 現在約200万人とされる認知症患者。誰もがなりうる病気ですが、早期発見・治療によって進行を遅らせることもできます。

 認知症の最新基礎知識からケアのあり方、認知症患者が安心して暮らせる町づくりなどについてもふれながら、さまざまな悩みを抱える関係者の連帯でよりよい治療を目指す新しい認知症の本。
目次:

 はじめに

 第1章 認知症の基礎知識 -診断・治療・予防

  1. これって認知症?
  2. 高齢者でなくても認知症に?
  3. 認知症は予防できるの?

 第2章 家族・介護者へのアドバイス

  1. 認知症の人の気持ちと接し方-「琴線」は生きている
  2. 認知症の周辺症状にどう対応する?
  3. 介護がつらくなったとき
  4. 介護保険サービスをどう利用する?
  5. 終末期の対応について

 第3章 認知症をめぐる現状-相互理解のために

  1. 医療の現場から
  2. 介護の現場から

 第4章 地域・自治体の現場から考える

  1. 認知症になっても安心して暮らせる町づくり
  2. 「苦渋の選択」にはどうしたらいいのか-さまざまな問題の複合
  3. 緊急に取り組むべきこと
  4. 今こそ、勇気を出して連帯を

 終わりの言葉に代えて

 

 

コメント募集中

Current day month ye@r *

サイト内検索 by Google