小田実の アジア紀行

小田実の アジア紀行「小田実の アジア紀行」
◆小田実/著 ◆140頁 ◆03.10.24 第1刷
◆大月書店 ◆定価¥1,575(本体¥1,500) ◆送料¥


コメント:

 軽いタッチながら状況を見据えたエッセイと著者撮影の写真で構成する『朝日新聞』連載「アジア紀行」の単行本化。

 小田実を通して見る大づかみな「アジア」新発見の旅。

 
目次:

  ・ まともなつきあいの形成を(韓国)        ・ 官の腐敗堕落に抗う激しさ(韓国)

  ・ 「時代に」耐え育てた教育の志(韓国)     ・ 生まれてきた「中立」への余裕(韓国)

  ・ 「毀された世界」再生の重荷(カザフスタン)  ・ 運命にもまれて文化をつくる(カザフスタン)

  ・ 容赦なく家追われる民たち(カザフスタン)   ・ 存在無視 中央アジアの悲惨(カザフスタン)

  ・ したたか 堅実に働き夢実現(中国)      ・ 問われる「不忘」への意思(中国)

  ・ 日本語の欠落に強い違和感(中国)      ・ 「開かれた」革命精神の底流(中国)

コメント募集中

Current day month ye@r *

サイト内検索 by Google