トヨタの足元で -ベトナム人研修生・奪われた人権

トヨタの足元で「トヨタの足元で -ベトナム人研修生・奪われた人権」
◆榑松佐一/著 ◆182頁 ◆08.11.15 第1刷
◆風媒社 ◆定価¥1,365(本体¥1,300) ◆送料¥               注文


コメント: 

 「私たちは道具じゃない!人間です」

 現代の「強制連行」=人権無視の奴隷労働を強いられたベトナム人研修生・実習生の救済に奔走した運動家の記録。

   
目次:

第1章 ”ブログ” ベトナム人研修生支援
  ・トヨタ系下請け企業の不正で   ・その後、次々と舞い込む事件

第2章 外国人研修制度の現状
  ・外国人研修制度とは            ・受け入れ機関、送り出し機関
  ・行政・JITCOの役割と当初の対応    ・研修生受入の現状
  ・研修生の生活

第3章 不正組織の実態
  ・コクヤン派遣局(QUOC DAN)      ・エイライン・Gネット
  ・ブローカーの存在

第4章 不正の手口と制度上の問題点
  ・ 莫大な保証金     ・パスポート取り上げと強制貯金     ・罰金
  ・研修中の「残業」    ・管理費・家賃・その他控除        ・強制帰国
  ・母国での契約書    ・許認可・監督機関の問題

第5章 日本一「元気な愛知」で何が?
  ・世界一のしわ寄せは労働者と下請けに  ・トヨタが広げたワーキングプア
  ・外国人労働者・外国人研修生       ・繊維業界のための組合から人材ビジネスへ
  ・外国人を受け入れる社会基盤を

第6章 研修制度を守らせる取り組み
  ・広がる支援の取り組み           ・大きく変わった行政の対応
  ・法務省の「指針」改訂

第7章 法改正にむけた動き
  ・改正にむけた動きと3・25閣議決定    ・各省の報告と関係団体の提言
  ・制度の徹底と見直しを
 

コメント募集中

Current day month ye@r *

サイト内検索 by Google