ガリレオがひらいた宇宙のとびら

ガリレオがひらいた宇宙「ガリレオがひらいた宇宙のとびら」
◆渡辺潤一/著 ◆203頁 ◆08.12.15初版
◆旬報社 ◆定価¥1,575(本体¥1,500) ◆送料¥  注文

コメント:

ガリレオがはじめて夜空に望遠鏡をむけて400年
宇宙にはまだまだ謎がいっぱい… さあ、宇宙をのぞいてみよう!
目次:

Ⅰ ガリレオが登場するまえの宇宙

 1 大昔の人たちが考えた宇宙

 2 コペルニクスの登場

 3 天動説から地動説への道のり

 4 望遠鏡の登場

Ⅱ ガリレオが見つめた月

 1 望遠鏡を宇宙へ向けるまで

 2 月を観察したガリレオ

 3 月のクレーターを見てみよう

 4 星食を見てみよう

Ⅲ ガリレオが見つめた太陽系の惑星

 1 木星を見てみよう

 2 土星を見てみよう

 3 金星を見てみよう

 4 火星を見てみよう

 5 小惑星と彗星を見てみよう

Ⅳ ガリレオが見つめた太陽

 1 太陽を見てみよう

 2 日食・月食を見てみよう

 3 失明した晩年のガリレオ

Ⅴ ガリレオが見つめた銀河系

 1 恒星の世界

 2 天の川の正体

Ⅵ ガリレオが見られなかった宇宙

 1 天の川銀河の世界

 2 銀河の発見

Ⅶ 宇宙像のいま

 1 宇宙の広がりと銀河の分布

 2 膨張する宇宙

 3 現代の宇宙論

おわりに 

コメント募集中

Current day month ye@r *

サイト内検索 by Google