仕事で燃えつきないために -対人援助職のメンタルヘルスケア

仕事で燃えつきないために仕事で燃えつきないために -対人援助職のメンタルヘルスケア」
◆水澤都加佐/著 ◆134頁 ◆07.8.3第1刷
◆大月書店 ◆定価¥1,523(本体¥1,450) ◆送料¥              注文


コメント:

教育、医療、保健、福祉、介護の分野で人を相手に仕事をする援助職の、職業病とも言われる「もえつき」。
カウンセラーでスーパーバイザーでもある著者が、「もえつき」の原因、プロセス、予防、援助する側とされる側・仕事と自分との距離の取り方などをわかりやすく説く。症状のチェックや予防のできるチェックリスト付。

目次:

 Ⅰ なぜ援助職にメンタルヘルスケアが必要か

   援助職はなぜ燃えつきやすいのか/ なぜ援助職を選んだのか/ 新人とベテランは要注意

 Ⅱ こんな症状がはじまったら

   「もえつき」の兆候/ 休みたいけど休めない/ あなたを縛る考え/ 私だけが一生懸命やっている/

   過剰なストレスを抱える/ 私なんかいなくてもいいのでは…/ ゆるせない,信じられない/ 私は正しい

   私はだいじょうぶ/ 仕事を休みがちになる/ 援助職の課題 

 Ⅲ 「もえつき」のプロセスをとらえる

   「もえつき」のプロセス/ 

 Ⅳ 何が原因なのか?

   「もえつき」の背景となるもの/ 背景にある「共依存」という問題/ スコット・ジョンソン(カウンセラー)の話

   境界線を引く/ 報われ感(感謝・賞賛・評価)が得られないとき/ 喪失を体験したとき

 Ⅴ 回復とセルフケア

   回復とは何か/ むりをしないで生きる/ セルフケアとは/ 「もえつき」の予防

 Ⅵ 援助専門職として必要なこと

   ディタッチメント(分離)とは/ 援助者が「もえつき」に陥る行動傾向/ 

   スーパーバイズを受ける/ 職場におけるラインケア

  おわりに  援助職をつづけていくために

コメント募集中

Current day month ye@r *

サイト内検索 by Google